嵐の足音  ぢぇっと

 ガタガタと鳴るのは、風の力に圧倒される、雨戸の音。
 ヒュゥという叫び声、隙間をかいくぐってきた風の言葉。
 ザワザワという騒がしさ、中庭に茂る木々達の荒立てる話し声。

 時が満ちていくことに焦りを覚えるかのように、
 それらは声を上げることを決して、やめぬ。
 己が不安を掻き消すかのように絶えず、言葉を交わす。

 「・・・風が強くなってきたなぁ」

 傍ら、仰向けで転がっている長身の男はあくびを一つ、薄く涙を滲ませてぼやく。

 「あぁ・・・左様でござるな」

 片膝を立て、愛刀である逆刃刀を胸に抱きながら赤毛の優男、ゆるりと面差しを上げて雨戸を見遣る。
 先刻より、風の強さは激しくなりつつあった。
 嵐の気配に雨戸を閉めたのは、つい先ほど。
 長身の男も手伝ってくれたおかげで、屋敷は手っ取り早く対策を講じることができた。
 刻限は未だ、九ツ半(午後一時)。
 御天道様が顔を出していても何ら不思議のない刻限、それが、空は暗雲たれこみ、
 雨の気配が多分に漂っていた。
 しかも、雨戸を閉めてしまったことで屋敷内、夜と何ら変わらぬ闇の中。
 行灯がなくば、心細い限り。

 「嬢ちゃん達は、どうしてる?」

 長身の男は寝返りを打ち、さらに優男へと接近する。
 優男、雨戸より視線を外し、再び瞳を閉じて顔を伏せる。

 「部屋にいるでござるよ。弥彦は昼寝をしていた」
 「へぇ、そうかい。ま・・・嵐が来るんじゃ、することなんざ何もねぇからなぁ。退屈だぜ」
 「退屈、か・・・。そうしてあくびをする割には、お主の表情は喜々としているようでござるが?」

 伏せようとしていた目を上げて優男、大腿のすぐ側まで身体を寄せてきた長身の男を見遣る。
 彼はニッコリと笑い、優男へと右腕を伸ばした。

 「あぁ。嵐は嫌いじゃねぇからな。何もかも、綺麗さっぱり吹き飛ばしてくれるような気がして、
 俺ァ、好きだねぇ」
 「お主らしいでござるな」

 右手が、優男の左頬の十字傷へ寄せられて。
 そっと掠めたその瞬間、行灯の蝋、ジリリと焼ける音がした。
 にわかに炎揺らめき、二人の影も微かに揺れる。

 「それにしても、嵐の前にここへ来るとは・・・まるで、お主が嵐を連れてきたようでござるな」
 「そうかい? 嵐に好かれてンのかもしれねぇな」
 「それは困る。ならば、これからは道場へは立ち入り禁止でござるな」
 「別にかまわねぇぜ? おめぇンとこへ、忍んで行くからよ」

 何ら悪びれた様子もなく。
 長身の男は満面の笑みを浮かべ、屈託無く言ってのけた。
 そのあまりにあっけらかんとした物言いに、さしもの優男、二の句が継げずに苦笑してしまった。

 「男は諦めが肝心でござるよ? 左之」
 「諦めも良い時と悪い時があらぁ。相手がおめぇなんだ、俺ァ諦めるつもりなんざ、さらさらねぇぜ」
 「全く・・・お主という男は・・・」
 「それによ、好かれるンなら嵐じゃなくて、おめぇに好かれてぇもんだぜ」

 長身の男、満面の笑みのままゆるりと上体を持ち上げて。
 優男の唇を薄く、かすめ取った。

 突然、といえば突然。
 が、これくらいの行動は察しがついていたのだろう、優男は別段、慌てもせずに苦笑であしらった。

 「屋敷内は夜やも知れぬが、刻限はいまだ九ツ半。わかっているのでござろうな、左之?」
 「あぁ、わかってるぜ? おめぇがこれぐらいだったら許してくれるだろうってこともよ、剣心」

 何もかも、すべてお見通しだ・・・
 長身の男の瞳も、
 赤毛の優男の瞳も、
 互いにそれらを宿らせて・・・

 長身の男は再び、その場へと横たわり。
 優男は再び、片膝を立てたその姿で目を閉じ、顔を伏せて愛刀を抱く。

 ガタガタと鳴るのは、風の力に圧倒される、雨戸の音。
 ヒュゥという叫び声、隙間をかいくぐってきた風の言葉。
 ザワザワという騒がしさ、中庭に茂る木々達の荒立てる話し声。

 ジリリ。
 行灯の蝋、焼ける音がした。
 にわかに炎揺らめき、二人の影も微かに揺れ。

 嵐の到来を、静寂にて待つ・・・




     
 ぢぇっとさんから頂いたミニ小説♪
      雨の日雨の日…妄想を駆り立てられるでございますねえ♪
      そんなお話に、すっかり気持ちがシンクロしてしまいました。
      ありがと〜♪