「BlueNote」



こんなに喉が乾くと
思わなかったよ
「お前」というおいしい水を
知ってしまってから
喉が乾いてしかたないんだ