”安らぎのひととき”   BY.ぢぇっと  




「でえぇい!」
 ガッ、と激しくぶつかり合う音が空気を震撼させ。  
「はぁ!」  
腹の底から沸き立つ声は耳朶を貫く。  
細くも筋の付いた両腕が、勇猛果敢に竹刀を振り上げ切り裂いていく。
その様、一陣のつむじ。  
「うぉりゃぁ!」  
上段より大きく振りかぶって竹刀を降ろせば、  
「ほっ」  
反面、軽やかな声音を洩らしてもう一つの竹刀が容易く阻む。
同時に揺れる赤毛、視界の片隅に映り。  
「やぁ!」  
鋭く突き込んでみても、  
「む、惜しい」  
またしても竹刀に阻まれ、軽く流されてしまう。  
「ク・・・!」  

全く隙がない、見えぬ壁がそこにあるかのような鉄壁の守りであった。  
「畜生!」  
次第にヤケになってきた。
どうにも抗えぬ圧倒的な力が目の前にある。


 ・・・崩したい!  
ほんの一打でもいい、打ち込んでやりたい!
 
「このぉ!」  
さらなる一打を振りかぶっていくのだが、  
「ほい」  と、またしても流されて。  
途端、頭に血が上ったその時に、  
「ほらほら、感情的になってはならぬよ、弥彦」  

柔らかな声音にハッと我に返り、彼は思わず頭上を見上げた。  
にこやかに微笑んでいる面差しがあった。
赤毛をにわかにこぼし・・・。

その額には、汗の一つも滲んではおらぬ。  
反面、自分の姿たるは何と・・・。  
全身汗まみれで呼吸すら乱れて。
しかも激情に流されかけた。  
突然、自分が恥ずかしくなった。  


「ハハ、まだまだだなぁ、弥彦」  
背後からの声に、名を呼ばれた少年はくるりと振り返った。  
「うるせェ! おめぇに言われたかねェんだよ、左之助! 
毎日毎日、ここで蜷局を巻きやがって・・・!」  

縁側に腰掛けて、左手団扇で悠然と成り行きを見守っているのは精悍なる青年。
額に結んである赤いはちまきが、薄く汗で滲んで紅色になっている。  
「へっ、負け犬の遠吠えにしか聞こえねぇぜェ」  
にやにや笑いながら、さらに少年を揶揄する彼に、
赤毛の人は苦笑してたしなめる。  
「こらこら、左之。そんなことを言うものではござらぬよ。弥彦は稽古をしているのでござる、日々の鍛錬が一番大事な時期でござるよ?」  
「わかってらァ、そんなことはよ。ま、せいぜい頑張るこった、弥彦」  
「てめェ〜!」  
「あ〜、もう、やめるでござるよ、二人とも」  
苦笑交じりにそう言う赤毛の人、だが本気で止めようなどとさらさら思ってもなく。
むしろ、そんな二人のやり取りに和やかすら覚えていて・・・剣心は。
ふっと吐息をついて竹刀を降ろした。  


「剣心組」に突如降り注いだ一件、京都での出来事がすべて終わり・・・  
・・・今は東京の空の下、神谷屋敷内。  
いつもの空気、以前と何ら変わらぬ気配・・・  
気づけば季節も移ろってセミの声、灼けるような日差しの中で・・・  
剣心が弥彦に稽古を付け始めたのは・・・いつからだったか。  
それが、当然のことのように・・・今や、日常の一幕になろうとしている。  


「剣心、もう一勝負! いくぞ!」  
返答など聞かず、弥彦は渾身の力を込めて竹刀を振り上げていった、
滲む汗を散らせながら。  
激しく打ち合う二人に、左之助はじっと熱い眼差しを注ぎ続けている。  
特に剣心を、彼は熟視していた。  
剣心の面差しが柔らかいことに、左之助は気づいていた。  
そもそも、彼が弥彦に稽古を付けることすら珍しく・・・いや、大いなる心境の変化を物語っていた。  

・・・「ただいま」と言って、再び東京に来た・・・自分達とともに。  
それがどんな意味を持っているか・・・  
団扇でパタパタと風を送りながら、左之助は剣心の一挙手一投足を追いかける。  
彼の、弥彦との稽古で見せる表情・・・  

嬉しそうな、楽しそうな・・・  

いままでどこか孕んでいた、  「陰」たるものはどこにも見受けられない。  
何か悪いものが落ちたような、すっきりした表情で・・・
 


「あの野郎・・・」  
口元をほころばせて左之助、独りごちた。  

「弥彦、弥彦ー!」  
と、ひょっこり姿を見せたのは薫。
普段とは違う、やや上物の着物を纏っての登場に、弥彦は不意に動きを止めた。  
「どうしたんだよ、薫?」  
「どうしたじゃないでしょ、今日は私の供をしてくれるって約束だったでしょ」  
彼女の言葉に弥彦、ハッと面差しを凍てつかせた。  
「あ、いけねェ、前田先生のところだったか?」  
「軽く汗を拭ってらっしゃい、すぐに行くわよ!」  
薫の言葉に弥彦、ぐるりと剣心のほうへ向き直ると、  
「そういうわけだからよ、剣心、稽古はここまでにしておくぜ! 
でも、また明日も頼むからな! 絶対だぞ、剣心!」  

ビシッと指を差して、弥彦は念を押すと竹刀を降ろした。  
「それじゃ剣心、出かけてくるわね。夕刻までには戻るから」  
彼女の微笑に、剣心もニッコリと答える。  
「あぁ、わかった。気をつけて行ってくるでござるよ、薫殿」  
「ありがとう! じゃあ、あとはよろしくね」  
薫は弥彦を伴うとそのまま、姿を消した。  



「ふぅ・・・やれやれ」  
吐息をついて竹刀、肩に担いだ剣心を。  
「何がやれやれだ。ちっとも疲れてないくせによ」  
縁側から毒づいてきた男に、彼は苦笑をこぼす。  
「茶化すな、左之」  
「へっ、本当のことだろうが」  
剣心、縁側まで歩み寄るとトン、腰を下ろした。
竹刀を傍らに置いて・・・  

「弥彦と稽古をするのは楽しいよ。弥彦を見ていると・・・先が明るいような気がして
・・・その、心地よくて・・・」  
「・・・剣心」  
左之助、おもむろに彼の肩を抱き、寄せ付けた。

・・・その右手、包帯が巻かれて痛々しい。  
何だと面差し上げた剣心に、彼はすかさず唇を重ねた。  

「ん・・・」  
・・・剣心は、甘んじて受け入れた。  
彼の唇は久しぶりだったから・・・
京都から帰ってきて、本当に久方振りだったから・・・  
つい・・・受け入れてしまった・・・  
抗えるわけが・・・いや、抗いたくはなかった。  
頬に感じるほのかな呼吸・・・伝わり合う、温もり。  
それは夏の温度よりも遙かに高くて。  
とても・・・とても、甘やかであった。  


唇、離れると・・・  「・・・左、之・・・」  
少しく言葉を洩らして彼の肩、面差しを預けた。
左之助、ニヤリと笑う。  

「こっちのほうが、心地いいだろ」  
「馬鹿者・・・妬いているのか・・・?」  
「まさか。ちょいと、言ってみただけでェ・・・」  
剣心は面差しを預けたまま動かなくなった。
じんわりと・・・左之助の温もりを味わっている・・・  
煩うものなど何もなかった。  
これほどまでに、心が和やかであることなど・・・  


「・・・剣心」  
「ん・・・?」  
「おめェ・・・今、満たされてっか・・・?」  
「え・・・?」  
「その・・・何て言えばいいのか・・・幸せか、と言えばいいのか・・・」  

「・・・幸せ・・・」  

剣心は目を閉じた。
目を閉じて、耳を澄ませてみる。  

・・・風の音に、蝉の声・・・  ざわめく草、はためく洗濯物・・・  

そして・・・  左之助の、鼓動。  

その中に、己が心を騒がせる気配は何一つなくて・・・  

「そう・・・だな。そうかもしれぬ。これが幸せなのだと・・・満たされている、というものなのかもしれぬな・・・」  
「剣心・・・」  
「今まで・・・こんな気持ちになったことがないでござるから、正直わからぬが・・・」

蒼い瞳が左之助をゆるりと見上げた。
唇がふわり、笑っている。  



「満たされているでござるよ、左之・・・拙者は、満たされている・・・」  
「・・・そうか・・・」  

左之助は剣心の肩をさらに強く抱き・・・沈黙した。  
今は・・・ゆるやかに微笑している剣心を見つめていたかったから・・・  

これほど穏やかに、心の底から微笑している剣心など初めてだったから・・・  

そっとしておきたかった。  
いつまででも、見つめていたかった・・・  

ジワジワと鳴きゆく蝉の声、  ゆるゆると吹き渡る熱い風・・・  
互いの息づかい、互いの鼓動・・・  あとにはもう、何も・・・  
それはある日の夏、ある日の一幕。  

とうとう、とうとうと・・・  ただただ、  流れゆくのみ。  






       拝啓 城みづき殿♪  

「フル・スロットル」3周年、まことにおめでとうでござりまする〜(*^^*)!  
ささやかながら、ぢぇっとよりみづき殿へ、
拙き作にてお祝い申し上げまする m(_ _)m  
あまり良い出来ではなくて申し訳ないのでござるけれど(涙)  
でも、どうしてもみづき殿に差し上げたかったのでござりまする(^^;)  
「花水木」にて拝見させて頂いたあのイラスト、「福寿草」。  
あの二人を見たときに、ちょっと閃いた話だったのでござるよ〜(笑)  
でも、書きあげたのはほんのちょっと前。勢いに乗じて・・・でござるな〜(^▽^;)  
何でもない日常の一場面なのでござるけれど、  
それが一番、剣心にとっては幸福なときなのではないかと・・・。  
お気に召して頂ければ幸いでござります m(_ _)m  
これからも「フル・スロットル」のますますのご繁栄を!!  
心より、お祝い申し上げまする(*^^*)!  
本当におめでとうでござりまする〜!!  かしこ♪   

 BY.ぢぇっと   






ぢぇっとさん、フル・スロットル3周年お祝い記念小説を
どうもありがとうございました。
うふふ…そうか、左之助、弥彦と剣心どちらも見ているワケでなくて
「剣心だけ」見てるのね〜♪と
ほほえましく読ませていただきました。
「満たされている…」そんな感じがしましたか?私の「福寿草」
あなたにそんなインスピレーションを湧かせるチャンスになってくれたのなら
幸いです。

今後もどうぞフル・スロットルをご贔屓に〜♪