Diaryより抜粋 「鯉のぼり」

5月5日(金)

ウチには男の子がふたりいますので
鯉のぼりがあります。
彼らが生まれた時には団地サイズとはいえ
大きな鯉のぼりがあったのですが
三階の更にその上、屋上に流していた為
強風にあおられてボロボロになり、
最後にはどこかへ飛んでいってしまいました。
それ以来ウチでは
コンビニで買ってきたちっこい鯉のぼりを
キッチンの窓からひらひらさせていますが
とっても丈夫でもう何年もコレ!
子供達も大きくなって鯉のぼりなんて喜ばないと
思っていたのですが、
なぜか毎日嬉しそうに窓の外へ出しています。
「我が家に男子有り」の象徴で
大空に泳ぐ力強い姿は、
跡取の男児が晴れて健康に成人するのを
願ったという古来の風習。
今でこそ「必ず男子を」と望む家庭が
少なくなってきているとはいえ
私も男子を授かり、鯉のぼりを泳がせた時
少々誇らしく思った事を思い出しました。
その子供達はとても健康で
学校など一度も休んでいない。
そういう子供達を持てたからこそ
自由に仕事もし、自由に同人誌活動も出来るのですね。
感謝、感謝です。




まだウチの子供達、鯉のぼりが嬉しいらしい。
先日も鯉のぼり飾って欲しい?と聞いたら
にやにやしてんの…えへへ〜♪
嬉しいんだな