「もの云ふ」




ただ
ひとりの君のために
もの云ふ