黎明    想いの一端




 障子越しの、月明かり。
 漆黒の升目、褥に横たわる男へ落ちている。
 すらりと伸びた鼻先を天に向け、薄く開かれた唇、正しき呼吸。
 均整整った胸乳をさらけ出し、深い陰影を刻みつつ。
 隆たる両腕、大らかに左右へと伸ばしている。
 布団を剥がしてしまえば大の字で、しかも全裸で横たわる姿が拝めるだろう。

 「左之助らしい・・・な」

 傍らに寝そべり、寝顔をまじまじと見つめながら、
 笑みをこぼしてその人は呟く。
 月明かりはその人をも飲み込んでいた。
 陽の光のもとならば、心奪わるるほどの鮮やかな赤毛が今は、
 艶やかに麗しい、深淵たる蒼。
 闇が混ざり、不思議な色合いを醸し出している。
 ・・・と。

 「ン〜・・・剣心・・・」

 頭を掻きむしりつつ、眼下の男は言葉をもらした。
 思わず、名を呼ばれた主は微笑を刻む。

 「拙者の夢を見ているのか? ・・・目の前に本物がいるというのに・・・」

 忍び笑いを洩らし、剣心はそっと、彼の額へと手を伸ばす。
 自分よりも少々、体温が高いと見ゆる。
 剣心の手のひらに、 彼の温もりは一等、心地良かった。
 つい、何度も撫でてしまいながら指先、前髪をそっと絡ませる。
 刻限は一体、何時なのだろうか。
 ふと、剣心はそんなことを思った。
 だが・・・すぐに、どうでも良いと考えを失せる。
 ただ、自分が半刻ほど眠ったことは確かだった。
 目も眩むような激しい灼熱の中へと放り込まれて、
 身も心も、意識すらもかっさらわれたのち・・・
 気づけば、自分を極楽へと送った張本人は高いびき。
 さしもの剣心も、この姿には少々、呆れた。
 けれど・・・

 「お主の今の顔を見られるのは・・・拙者だけでござるよなァ・・・」

 剣心は小さく、独りごちた。
 何度、こうしてこの顔を見てきたことだろう。
 もはや、数えることは拷問にも等しい。
 それだけ、この男とは・・・左之助とは枕を交わしてきた。
 左之助には随分と可愛がってもらい・・・そして、随分と甘いと思う。
 求められればついつい、叱責しながらも許してしまう。
 左之助もまた、それを知っているから諦めずにやや強引に迫ってくる。
 その時の、瞳の輝きときたら・・・
 思い出すだけで、胸の奥が疼いてくる。
 今は瞼の下に閉ざされているが、ひとたびこの瞳に見つめられてしまったら、
 身体は意思とは裏腹な暴走を始める・・・
 止めようが、ないのだ。

 「いつから、このような身体になってしまったのでござるかなぁ?」

 自分がこれほど淫を含んだ肉体であることを、剣心はついぞ、知らなかった。
 むしろ興味がなく、どちらかと言えば周りから色眼鏡で見られること、しばしば。
 剣心とて、自らの容姿は十分承知していたから、
 そのような輩を振り払う術は心得ている。

 なのに・・・

 一人の、たった一人の男の前ではそれらがすべて、脆くも崩れ去る・・・

 「どうしてなのでござろうな・・・? お主にだけは、拙者は骨抜きになる・・・」

 左之助にだけは・・・左之にだけは、拙者は「流浪人」ではいられなくなる・・・
 どうして、なにゆえ左之助なのだ?

 同じ考えにたどりつくとわかっていても、確認せねばならぬかのように、
 繰り返し、繰り返し考えてしまう・・・

 左之助はいつも、自分を求めてくれる・・・慕ってくれる。
 いや、ならば薫殿でも・・・恵殿でも良いのではないか? 
 むしろ女性なのだから、そちらのほうがごく自然・・・

 けれど、と。
 すぐさま疑問符が付く。

 二人が拙者に特別な想いを抱いてくれているのは、以前から知っていたこと・・・
 知っていながら、拙者の選んだ腕は・・・左之助・・・
 なぜ・・・左之助でなくばならぬ? 左之を選んだ理由は・・・?
 女ではなく、男だというのに・・・
 男を選ばなければならぬ理由は何だ?
 いや・・・違う。「男」ということではなくて・・・
 「左之助」でなくばならなかったのだ。
 どうして、左之助でなくばならぬ・・・?

 行き着くところはいつも、そこ。

 「左之・・・」

 ・・・素直な気持ちになれば。
 剣心は左之助に惚れている。
 同じ男として・・・情人として。
 今はこうして眠っていても、あと数刻も経てば眠りから覚め、
 一度あの長屋へ戻るだろう。
 そして何食わぬ顔をして再び、姿を見せるのだ。
 その時の、意味ありげな微笑は剣心を、瞬く間に赤面させる。
 ・・・何気に囁いていく台詞の一言・・・「夕べァ、良かったぜェ」
 背筋に走る快の波を、抑えることなど到底、できぬ。
 ・・・何気に走らせる視線の意味合い・・・「・・・いいか?」
 つい目を伏せ、無言で戸惑う自分に左之助は嬉しそうに、
 はにかんだ笑みを浮かべる。
 そうかと思えば、
 「馬鹿野郎ッ!」
 凄まじい形相で、全力でぶつけてくる熱い拳。
 誰に遠慮することなく、自分にも正直で、まっすぐな心で喜び、笑い、
 悲しみ、怒る・・・そうだ・・・
 隠さぬ心で自分のすべてを受け止め、かつ、本気で怒り、律してくれる・・・
 「心配」はする。が、そこで終わるのは女性・・・薫や恵だ。
 が、左之助は違う。
 「心配」をすることがすぐ、行動となって現れる。感情となって現れる。
 自らの判断で、必要とあらば拳を振るう・・・それは即ち、

 「そうだ・・・遠慮なく、自らの心をそのままぶつけてくれるお主が嬉しくて・・・
 だから拙者は、お主でなくば・・・お主を、選んでしまうのだな。
 しかし・・・何と、罰当たりな・・・」

 眩い魂であることはわかっている。
 自分が手にして良いものだとは思っていない。
 だが・・・一度味わってしまえばもう、離せない。

 いつ、如何なる時もこの男は拙者を受け止めてくれた・・・
 「流浪人」であっても、「剣心」であっても、
 そして・・・「抜刀斎」であっても・・・

 「拙者はきっと・・・欲しかったのだ。
 自分のすべてを受け止めてくれる存在が・・・
 男女など関係なく・・・受け止め、認めてくれる存在が・・・」

 左之助は、今までの自分の生き方に肯定も、否定もしなかった。
 ただただ、認めてくれた。
 黙って・・・認めてくれた・・・
 この心根の何と広く、強いことだろう。
 一回り年下などとは思えない。
 むしろ自分の方が、年下のように感じてしまうことすらある。

 「・・・馬鹿でござるな。それが、溺れているということでござろうになァ」

 自らの答えに恥ずかしさを覚え、剣心はつい、笑ってしまった。

 「まぁ・・・しばし、溺れてみるのも良かろうか。
 それで罰が当たっても、拙者は喜んで受け入れよう。
 今は・・・この男を離したくはない・・・」

 求めてくれる限り、時間の許す限り。この男とともに・・・
 これが、我が身にとって恨まれるほどの幸福であることは百も承知。
 恨まれてもおかしくはない。
 それ以上に、自分はその幸福を奪ってきたのだ。
 何を言われようとも、反論は出来ぬ。
 が・・・
 愛しさを止められぬ、欲する思いを止められぬ。
 たとえ罵られようとも・・・
 この男にだけは・・・左之助にだけは、貪欲でいたいと思う。

 「左之・・・拙者の業は怖いぞ。
 覚悟しておかねば、身を滅ぼすやも知れぬぞ・・・」

 にわかに悲しみの韻を含んでいたのは、果たして気のせいか。
 剣心は、自らの底に眠る狂気に気づきつつも、素知らぬ振りをした。
 いや、たとえその狂気が表に出ても、
 その時はきっと、左之助が成敗してくれる。
 相楽左之助はそういう男だ。だからこそ、

 「お主に惚れているのでござるよ、左之・・・」

 剣心はそっと・・・口づけた。

 普段、何度言ってくれと懇願しても決して言わぬその台詞を、
 剣心はためらいもなく紡いでいた。
 その事実を知れば、きっとこの男は地団駄を踏んで悔しがるに違いない。

 夜は刻々と更けていく。
 月明かり、ゆるりゆるりと遠ざかり・・・
 やがて、眩い陽の光、障子を射た。




    「黎明」  ぢぇっとさん

      拝啓 城みづき殿♪


    PC使用不可の時には、いろいろとご迷惑をお掛け致したっ m(_ _)m
    また、様々なお気遣いをありがとうでござりました!!
    とても嬉しく、とても感謝しているでござるよ。
    何から何まで、本当にありがとうでござりましたっ m(_ _)m

    ささやかではござりますが・・・短めで恐縮ではござりますが・・・
    私の拙き作を差し上げまする。
    今回は剣心の心理面を綴っただけの、
    あまり面白みのないものではござりますが・・・
    もらって頂ければ、幸いでござりまする。
    これまでの感謝の気持ち、ささやかではござりますが、
    お受け取り下されっ。

    ・・・今回は・・・いかがなものでござろうなぁ?
    お気に召して頂ければよいのでござるが (^^;)

    

    またまた素晴らしい小説を頂きまして
    ありがとうございました!
    「どうして、左之助でなくばならぬ・・・?」の剣心の気持ちは
    私もいつも意識しているところです。
    ですから
    剣心側から見た左之助への恋心は
    痛いほど分かってしまうのです。
    タイムリーに私も月夜のふたりをまんがにしたばかりでしたので、
    こんな壁紙を作りました。
    ぢぇっとさんと気持ちがシンクロしてしまったようです。